CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
愛ルケの影響か?保阪尚希、仏門に入る
愛ルケドラマ版:愛の流刑地「岸谷五郎・高岡早紀」

■ 今週の好き勝手バナ

知ってました?

『俳優・保阪尚希(ほさか なおき 39)が平成19年3月22日、都内で会見し、仏門に入ることを明らかにした』

皆さまにとって、どうでもいいニュースのひとつだと思いますが。
なぜ今?なぜ、このタイミングなのか?

私のオソロシイほど勝手な推測です。

テレビドラマ版の「愛の流刑地」通称・愛ルケが、3月20・21日と2夜連続で放映されました。

これは、作家の菊治(岸谷五朗)が、ある日、冬香(高岡早紀)という人妻と知り合い、互いに家庭をもちながらも、強く惹かれあうお話です。
ついには、ベッドの上で冬香に懇願され、菊治が冬香を殺してしまう。

「愛」とはなにか?という深いテーマはさておき、しつこいほど熱いベッドシーンで有名なドラマです。

ところで、主演の高岡早紀(たかおかさき)は、保阪尚希の元妻です。

ふたりの離婚後の2004年に、ギタリストの布袋 寅泰(ほていともやす)と高岡早紀の「火遊び」がウワサになった時に保坂が、

「高岡早紀という女優は、軽く扱っていいオンナではない!!」と布袋に激怒したのは、有名な話です。

それを見てワタシは、「保坂は、高岡早紀に、みれんたらたらなのねー」と思いました。

会見では保坂は仏門に入ることについて『約1年ほど前には、「この人なら」と思える女性の僧侶に出会い、出家の準備を進めてきた』と、予定調和であることを強調してますが、

・・・愛ルケ見てて、むなしくなっちゃったんじゃないかな。
 
愛ルケ見てて、むなしくなっちゃったんでしょ?
| ■ 佑朋の好き勝手バナ(市販薬以外のどうでもいい話) | 12:49 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |