CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
● 日経ヘルス 11月号 下半身太り&むくみの市販薬

日経ヘルス 11月号
53ページ「サプリや市販薬で下半身太り&むくみを解消」で
市販薬のコメントをしました。

「やだ、ちょっとムクんでる?」
ぶさかわイラストが ついています。 ヤッタv ♪



JUGEMテーマ:健康
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 01:03 | comments(0) | - |
● 登録販売者 試験対策 必修ポイント450 【第5版】
登録販売者 試験対策 必修ポイント450 【第5版】 が出ました。
試験問題の作成に関する手引き(平成27年4月) にあわせて改訂しました。

もう1年近くたつというのに、
薬事法が、「医薬品医療機器等法」※という名称に変わったことに
まだ慣れません… kyu 泣き
薬事法のほうがしっくりします。

医薬品医療機器等法 = 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

JUGEMテーマ:健康
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 01:19 | comments(0) | - |
● 日経トレンディ「食と健康」 機能性表示食品制度、サプリメント、ジェネリック、市販薬
4月4日発売の日経トレンディ
市販薬のページで取材を受けました。

「食と健康」特集では、
4月からの機能性表示食品制度、トクホ、サプリメント
ジェネリック、市販薬などの最新情報が
わかりやすくまとめられています。

特集を担当した副編集長さんは、薬剤師。
煽りや誇大ではない、正確で楽しい記事に仕上がっています。



JUGEMテーマ:健康
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 23:21 | comments(0) | - |
● 「登録販売者試験対策必修ポイント450 第4版」のお知らせ
登録販売者試験対策必修ポイント450 第4版

「登録販売者試験対策必修ポイント450 第4版」のお知らせです。
本書には別冊付録として、ポコッと外れる○×問題集がついており、 かなりのボリュームです。

平成26年11月25日から、 薬事法は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に名称が変わりました。

本書は、その前10月に出たもので、表記は薬事法のままになっています。
(法律の名称が変わりましたが、出題には影響ありません。)

なぜ、今この本をブログにのせたのかと言いますと、
本書は「3版」から「4版」になるにあたり、大幅に加筆、
特にフロクの問題集はボリュームアップしていることをお知らせしたいためです。

ネットでは、旧版の新品を購入している方が少なからずいらっしゃいます。
著者として心苦しく思っております。

「4版」は、価格は旧版とまったく同じ、大幅に加筆、ボリュームアップしておりますので、「4版」のほうが明らかにおすすめです。

「3版などの旧版」を新品価格でご購入になることは、おすすめできません。
どうぞよろしくお願いいたします。kyuきらきら
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 01:03 | comments(0) | - |
● 元のブログに戻りました&ラジオ出演の件。
2008年、イザブログ(産経)の専門家ブログに書き始めました。
2014年3月、イザブログがサービス終了しますので、 元ブログに戻ってきました。
出もどり〜♪

さて、今週は、1月13日(月)~17日(金)まで、
ニッポン放送 高嶋ひでたけさんのあさラジに出演します。 

朝5:50〜のラジオ人間ドックのコーナーで、
5分ほど市販薬についてお話しします。

パーソナリティの高嶋さんは、
マイクを握ってから、今年50周年を迎えるフリーアナウンサーです。

私からみれば、大先輩すぎておそれおおい。
ベテランらしい聞きとりやすく温かい声の方でしたきらきら

聞き取りやすく、自然に友達に話しかけるように話すのは難しいことです。

私は緊張は意外としないのですが、
リスナーが目の前にいるつもりでフレンドリーに話すということが
なかなか難しい。
心の中で(高嶋さんごめんなさい・・・あ)とつぶやきました。

放送局の系統が違ってすみませんが、朝良く見ている日テレスッキリの加藤MCが、番組内で1分間スピーチ(新聞記事紹介)をしています。

1分間スピーチを始めた当初、1分間におさまらなかったり(尻切れトンボ)、逆に変な間があいたり(時間余り)していましたが、

今では、最後の最後の1秒まできっちりスピーチし、
カメラ目線の余裕の笑みで終えます。

プロってすごいなあ、と尊敬します。
ちょうど良い尺で話し終えるのも、プロのお仕事ですね。

私はほっておくと時間をオーバーしてしゃべってしまうほうなので、
講演をする時は、家で時間をはかって何度も練習してから行きます。

まあ、そんなこんなで大変貴重な経験をさせていただきました。ゆう★汗

薬局でも、高嶋さんくらいの年代(70代)の薬剤師さんが一緒に働いていますが、とても優しくて明るい方です。
70代でバリバリ現役というのは、尊敬しますね。

私も健康に気をつけて、マイペースでがんばろう〜!と思いました。

写真は、話と関係ないですが、千葉県 館山の海です。
今年も釣りに行けるといいなぁ。
千葉県房総館山の海
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 01:11 | comments(0) | - |
● 日経ヘルス 2012年 12月号 ドラッグストアガイドブック(付録)
日経ヘルス12月号、
今年も付録の小冊子、ドラッグストアガイドブックを監修しました。

日経ヘルス12月号付録ドラッグストアガイドブック

市販薬の選び方がわかります。

------------------------------------

↓この付録がついた本誌の特集は、最高の眠りを手にする7つの夜ワザ。

質のいい睡眠は、お肌にもいいし、ダイエットにもいい。
わかっちゃいるけど、夜更かしの私にもできるかな。

最高の眠りとは・・・。


日経ヘルス2012年12月号
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 23:22 | comments(0) | - |
日経 Health (ヘルス 2012年 11月号) 頭皮湿疹のOTC薬
日経ヘルス11月号、p142「注目のOTCガイド」は、
「頭皮湿疹・かゆみ」がテーマです。

頭皮湿疹・かゆみの市販薬は、ステロイドのローションなので、
カビやウイルスなどの感染性の湿疹には向きません。

非感染性の頭皮湿疹には、市販のステロイドが使えます。


私の考えですが、

頭皮に非感染性の湿疹ができるのは、
ストレスや疲労がきっかけのことが多いと思います。

人間は精神的に充実していれば、多少の肉体疲労は乗り切れる。
でも、精神的につらい状況にあると、プツプツ湿疹がでやすいと思います。

精神的なストレスが多い状況にある人は、
なるべくストレスがかからないように、睡眠しっかり、腹八分目、
いやなことはなるべく考えないようにする。

頭皮がかゆいのは、心の危険信号かもしれません。
楽しい気持ちですごせたらいいですね。


日経ヘルス2012年11月号

| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 19:39 | comments(0) | - |
「今日のOTC薬」
今日のOTC薬 南江堂

日本薬剤師会誌8月号に、「今日のOTC薬」の書評を書きました。
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 00:29 | comments(0) | - |
● 日経 Health (ヘルス 2012年 9月号) 発売中
日経ヘルス9月号

日経ヘルス9月号、p127「注目のOTCガイド」は、
「かかと水虫」がテーマです。

メンソレータムエクシブ ディープ10クリームが、
女性のかかと水虫をイメージして、
「ぷつぷつ皮めくれ」とコマーシャルして好調だそう。

「ぷつぷつ皮めくれ」は、こどももおぼえやすそうな表現で、
口に出したくなります。

ジャー型なので、たっぷり使えそうなイメージがありますが、
そんなに大きいわけではなく、26グラムです。

クリームや液、軟膏など、
みずむし・たむし用薬の多くは、
10〜30グラムくらいの範囲です。

蒸れやすい夏は、プールサイドやジムのマットなどを歩くと、
ぷつぷつ皮めくれができそうな季節。
ご注意ください
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 05:35 | comments(0) | - |
● 日経 Health (ヘルス 2012年 6月号) 発売中



日経ヘルス6月号、p125「注目のOTCガイド」では、
「元気が足りないときの薬」がテーマです。

まぁ、疲れをためたり、
寝不足にならないように生活するのが一番いいんでしょうけど。。。

救心は、寝不足でだるい時に効きます、ほんと!

なお、私が「お気に入りの市販薬」をご紹介するときは、
一消費者としての心からのコメントです。

決してお金をいただいて宣伝しているわけではありません。

救心は、ご高齢の方に人気の薬です。

自分には「まだ早い」と思っていたのですが、
半徹夜で歩くのも息切れ・・・という日にのんでみたら、
すーっと楽になったのです。

お疲れのときに試してみてください


※救心:強心薬をのんでいる方は、のまないこと。
 通院中の方は、かかりつけの医師・薬剤師にご相談ください。

 妊娠の可能性のある方は、「相談」と添付文書にありますが、
 妊婦さんがのむ薬は、必要最低限にしたほうが良いと思います。
 
 
 
| ☆☆ 掲載・取材実績(新井佑朋) | 00:01 | comments(0) | - |
| 1/4PAGES | >>