CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
梅丹本舗はラッキーだ。
梅丹本舗の古式梅肉エキス

古式 梅肉エキスの梅丹本舗は、まことにラッキーである。
2010年6月2日放送のNHKあさイチで、梅肉エキスはイチオシ!と取り上げられて以降、売り上げは伸び、品薄になるほどの人気になった。

NHKあさイチHPから引用ココカラ
「慈恵医大を含む3つの病院で、梅のエキスの臨床試験が行われました。対象は肝臓疾患の患者58人。

梅のエキス試飲後、3か月肝臓の障害がある時に高くなるGOT、GPTの数値ががいずれも下がり、半数近くの人に効果があったという結果が出ました。
」引用ココマデ。

梅肉エキスが、肝機能改善に効果があることの根拠が示されたのである。
この番組に取り上げられたのは、梅丹本舗の梅丹ではなく、AdaBio株式会社(アダバイオ)のミサトールなのだが、

なぜか梅丹本舗の梅肉エキスに注目が集まり、生産が追いつかないほどの注文が殺到しているらしい。(原料の梅肉は確保できているとのこと)

古式梅肉エキスは、昭和初期から販売されている国産梅のエキス製品である。
私が子供の頃にも一度は口にしたことがあるように思う。

そのくらいのロングセラー商品なので、別段、注目が集まって悪いと思っているわけではない。

単に、ラッキーだと思う。
梅肉エキスは民放でも不定期に取り上げられ、芸能人も疲労回復のために愛用しているとコメントする人が何人かいた。
そのたびに、梅丹本舗の梅丹に注目が集まる。売り上げが伸びる。
タダで宣伝してもらっているようなもので、ラッキーだ。

宣伝効果では、今回のNHKが一番強力だったように思う。
放映後の問い合わせが民放より多かった。

うちにもあります、古式 梅肉エキス
ねっとりとした黒いエキスをスプーンで口に含むと、震えるほどすっぱい。

ついには、梅丹のテレビコマーシャルまで始めたのである。
「健康♪」「健康♪」「健康♪」と連呼するだけのコマーシャル。
注目されているうちに大急ぎで作りました的な、昭和の香りがする簡素な構成のコマーシャルである。
そんなに宣伝にお金をかけないでも、テレビにおまかせと口コミだけでいけるような気もするが。

ところで、梅丹本舗のホームページでは、ご丁寧に梅肉エキスの作り方まで載っている。

「青梅4〜5kgで、80〜100gの梅肉エキス」ができるとのことで、
私なら梅のヘタを取ってすりおろして煮詰めるまでに4時間はかかりそうだ。

「ムリです、めんどうです・・・買います」

作り方を公開しても、売り上げは落ちないという自信の表れか。
「40分間こがさないように、混ぜ続けます」の生キャラメルを思い出した。

古式 梅肉エキス 280g
古式 梅肉エキス 280g
その他梅肉エキスはこちら
| ■ 健康食品の話 | 20:00 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |