CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ● 救心にハマっています!その1 | main | ● インフルエンザで・・・ >>
● 台風18号暴風雨!勤務先にたどり着いた私
台風18号が関東を吹き抜けた日。
夫は早朝に家を出て、ぶじに会社に到着した。

私は、早朝の快晴の中いつもより1時間早くワンコの散歩を終え、
小雨の中娘にカッパを着せ、小学校まで送ってやり、
いつもより1時間早く駅に向かった。

がっ!電車は動かなかった。
そうじゃないかと思ってたけどね。

別の路線まで向かうバスは、とぐろを巻けるほど長蛇の列。
タクシーも長蛇、駅の周りは黒山の人だかり。

私は自転車に乗って、川を渡り、別の路線をめざすことにした。
暴風雨なんだけどね。(*´▽`*)

もう、傘なんていいや!カッパもないけど、いいや!って自転車を漕ぎ出した。
細くて長い橋は、横なぐりの雨。

ずぶぬれになり、後ろでひとつに結わいた髪が乱れて、
落ち武者みたいになった。

なぜか、楽しくなってきて、橋を渡り切ったところで、
暴風雨の中、写メ撮った。

台風ロード

フル装備のカッパを着た原付のおじさんに変な眼で見られた。

ところが!
自転車で40分かけてたどり着いたM駅周辺で、急にカラッと晴れた!

ずぶぬれなのは、私だけ。「あら、晴れたから買い物にでも」っていう近所の主婦が不思議そうな眼で私を見た・・・。見ないで〜!悲しい

M駅では、人が溢れていた。電車が来たのでどっと移動する人波に押された私を、目の前にいたデ○な男性会社員が「並んでるのに、割り込むんじゃねえ!」と怒鳴った。

私はヨワヨワしく言い返した。
「割り込みではありません。後ろから押されたんですぅ〜」
デ○な男性会社員はくるりと向き直り無言で去って行った。

不幸になれ!と呪いつつ、のろのろと電車に乗り込んだらなぜか、目の前の座席があいていて座れました。

どんどん人が乗り込んだので、隙間なくギューギューになったけど、
座れたのが幸せだった〜おはな

勤め先について、ぬれた靴下をビニル袋につめ、ぬれた服をハンガーにかけ、制服と白衣に着替えたけど、パンツだけはしめっぽいままでした。
とっぺんぱらりのぷぅ。
| ■ 新井佑朋の日記 | 20:49 | comments(0) | - |
Comments
Your Comment