CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 暖冬で、花粉症がやってきた(市販薬の参考になる医学情報) | main | 和歌山の女性、花粉症用食品で一時重体 >>
早く飛散したスギ花粉に懸念の声
毎日新聞(2007年2月26日月曜日より)

『飛散量は少なめと予想されていたが、一貫した暖冬の影響でスギ花粉は平年より半月ほど早く飛び始めた。環境省は「総量は少ないのでは」とみるが、一方で「昨年の飛散量が少なかった分、木はエネルギーをためていた」と大量飛散を懸念する声もある』

『環境省によると、首都圏のスギ花粉は例年、2月中旬に飛び始めるが、今年の飛散開始は東京1月31日、千葉2月5日、埼玉6日、神奈川7日で、その他の地域でも半月ほど早かった。全国的にみても22日時点で飛散開始が確認されていないのは、スギ花粉がほとんど飛ばない沖縄を除き、北海道と青森、秋田を残すのみとなった。
 花粉の飛散量には前年夏の日照量と雨量が影響するとされる。日照と雨が少なければ花の芽が育たず、翌春の飛散量も少なくなるという。昨夏は全国的に梅雨明けが遅かったため、同省は1月末、スギ・ヒノキ花粉の飛散量を「平年並み〜平年の20%程度」と予測していた。
 同省環境安全課は「スギの花芽は気温が低い時期に休眠するが、今年は暖冬の影響で休眠に入るのが遅いとされた。ところが、年が明けても暖かく、目覚めるのが早まった」と推測。ただし「花粉の総量は少ないだろう」として、飛散終了が早まる可能性も見込む』

『飛散開始が早く、インフルエンザなどの風邪が流行している時期に重なったこともあり、花粉症との区別がつきにくくなっている』

『フマキラー(東京)ではドイツ製の予防クリーム(1733円)の伸びが著しい。鼻孔内部に塗り、花粉の侵入などを防ぐ。薬と違い、妊婦も使え、眠気も催さない。そのためか、花粉が少ないとされる中で「出荷予定は昨年の2倍」という好調ぶりだ』

● フマキラーのドイツ製の予防クリームとは、「花粉鼻でブロック」のこと。

たしかに今年は暖冬だった。2007年2月中旬、静岡沿岸をドライブしたが、昼間は長袖シャツ1枚でもOKの陽気。一部で、葉桜もけっこうな割合で見られた。

東京の花見は、3月中旬ごろと予想され、例年より2週間ほど早いらしい。テレビ番組でお笑い芸人が、「新入社員が入っていないこの時期、場所取りは誰がやるのでしょうか」などとコメントしていた。

2007年2月24・25(土日)の東京は、冷え込んだ。この冷え込みのあと、桜の開花が続くだろう。花粉の飛散が終息するのは、いつになるだろうか。
| ■ 花粉症(市販薬の参考になる医学情報) | 15:14 | comments(0) | - |
Comments
Your Comment