CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ● お題「マック」でネタ合わせ? | main | ● OTC医薬品、第1類販売、薬事法改正後初のプラス >>
● 一般用医薬品販売について追記
 自分の記事(9月25日分)をなんとなく読み返してみる。客観的に見て、医薬専門家に反論されそうな個所が散見される。重篤な副作用経験のある生活者からの異論もあるかもしれない。それから文章も若干わかりにくい。

 しかし、私が言いたいのは、一般用医薬品の販売方法は3つの柱‐「対面販売」「電話相談販売」「ネットおよび通信販売」が容認されて当然!ということである。

 「ネットは、安全性情報の発信が不十分」「店舗だって店員からまったく説明を受けずに簡単に薬が買えた。店舗こそ情報提供が不十分」といった互いの揚げ足取りは(たとえそれが事実であっても)、非建設的。何か不祥事が起こった時の自民党と民主党の叩き合いのように、時間の浪費である。

 私は、一般用医薬品販売において「3つの販売方法がある」という大前提の上で、医薬専門家は安全性情報を発信しつづけ、一般の生活者が正しい医薬品知識を獲得し、セルフメディケーションが推進されていくのが、正しい姿であると考える。
| ☆市販薬について☆ | 21:29 | comments(0) | - |
Comments
Your Comment