CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 気管支ぜんそくの治療(市販薬の参考になる医学情報) | main | 睡眠薬で夢遊病?! 車運転・過食…記憶なし 米で報告 >>
腰椎分離症(市販薬関連情報)
【原因】
腰椎分離症とは腰椎の椎弓が分離した状態(連続性を失い、離れた状態)を言います。多くは第5腰椎に好発しますが、時に第4腰椎にも認められます。原因として遺伝的要因も考えられていますが、多くは小中学生(小児期)や、高校生の成長期に繰り返される激しいスポーツ活動によって起こる疲労骨折と思われます。発症は、小学校低学年から中学時代前半頃に起こりますが、中学・高校時代になり腰痛が続くということで受診し、ようやく診断がつくことが多いです。

【症状】
症状の多くは腰痛です。しかし、中には、神経が圧迫されて根性坐骨神経痛(腰痛やお尻の痛み、足先にひびく痛み、シビレ感など)を認める症例もあります。前方へかがんだときや、体を後方に反らしたとき痛みが増強します。足にも痛みやしびれがでる場合は、分離した腰椎の椎弓が神経を圧迫している可能性があります。はじめのうちは、激しいスポーツをした時にだけ痛むため、ほっておいたり、また自己判断でしろうと療法に走ったりするなど、受診しない方がおられます。中には、骨の離れ方が大きくなってしまい、難治例になってしまうこともあります。

【治療】
できるだけ早期に、専門医(スポーツドクター)にかかることが重要です。まず、レントゲンをとり、診断します。治療は、手術ではなく保存療法が主体です。コルセットで腰を固定し分離部を癒合させます。分離部を早期にみつけて、癒合させれば、癒合しやすいので早期の治療が大切です。放置しても分離部は治らないので、成人してからの腰痛の原因になります。症状が進行し、腰椎分離すべり症※になると歩行障害や筋力低下が出現し、そのため一生悩まされる危険があります。スポーツをしているお子さんで、頑固な腰痛にお悩みの方は、できるだけ早期にスポーツドクターを受診することです。
| ■ 整形外科の病気(市販薬の参考になる医学情報) | 13:06 | comments(0) | - |
Comments
Your Comment