CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 早く飛散したスギ花粉に懸念の声 | main | 気管支ぜんそくの治療(市販薬の参考になる医学情報) >>
和歌山の女性、花粉症用食品で一時重体
2007年2月27日 読売新聞

カプセル飲用 薬事法違反の疑いも

厚生労働省と和歌山県は26日、花粉症対策商品として販売されているスギ花粉加工食品のカプセルを飲んだ同県内の40歳代の女性が、全身性のアレルギー反応で一時意識不明の重体になったと発表した。

 女性は2日後に意識を回復し、現在は快方に向かっているという。和歌山県によると、食品は山形市の「健森」が製造・販売している「パピラ」。女性は23日夜、カプセル1個を飲用して友人とテニスをしていたところ、約30分後に全身にじんましんが出て息苦しくなった。

 すぐに病院で受診したが、診察中に口の中が腫れて、気道が圧迫され、意識不明に陥ったという。和歌山県から連絡を受けた山形県は24日、食品衛生法に基づき、健森に立ち入り調査をした。

 厚労省では、食品と症状との因果関係を調査している。一方、インターネットなどで花粉症に対する効能をうたって販売している点については、無承認医薬品の広告を禁じる薬事法違反の疑いがあると判断。販売業者の所在地が確認された7府県に、こうした広告による販売をやめさせるよう業者への指導を要請した。
| ■ 花粉症(市販薬の参考になる医学情報) | 07:20 | comments(0) | - |
Comments
Your Comment