CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ■ 登録販売者試験対策 必修ポイント450(秀和システム) | main | ● 東京ドーム巨人戦観戦しました >>
● 園児28人、甘茶で嘔吐、集団中毒(甘茶・アマチャとは)
『2009年4月16日、岐阜県の花祭りに参加して、甘茶を飲んだ保育園児119名のうち、28人がおう吐した。いずれも軽症で全員快方に向かっている』というニュースがありました。

何らかの異物の混入の可能性もあるそうです。保育園児の保護者は、さぞかしご心配のことでしょう。滅多にない事件だからこそ、ニュースとして取り上げられるのでしょうが、そんなことがあると安心して子供を預けられません。

少し話がそれますが、私の子供も保育園児でしたから、たとえば園で餅つきのある日には、「オモチはよく噛んで食べるんだよ、のどにつまったら死んでしまうよ」とさんざん脅かして送ったものです。

ただでも、子供を預けるのは心配ごとがいろいろあるのです。園児の口にするものは、給食室で作ったものや未開封の食品に限ってほしいものです。

そうです、園児の口に入るものには100%安心なものじゃなければ、困るのです。100%安心な食べ物なんて、この世に存在しない!なんていう揚げ足は取らないでチョーダイネ。

今回の甘茶に異物混入の可能性があるのか、もしかしたらいたんでいたのか、そもそも甘茶の成分自体が園児に合わなかったのかわかりません。岐阜県の調査の結果が待たれます。

今回の事件の3〜5歳くらいの年代にふるまうものは、基本、麦茶か水にしてほしいものです。甘茶自体が合わなかった可能性も捨てきれません。

● 甘茶とは


アマチャは、ユキノシタ科の落葉低木で、アジサイの仲間です。アジサイのような花のつけかたをします。このユキノシタ科のアマチャは、見た目がヤマアジサイにそっくりです。

なお、アマチャの仲間は、40数種ありますが、代表的なものはアマチャとアマギアマチャというものです。

一方、名前がそっくりのアマチャヅルは、ウリ科のつる性の植物。見た目もかなり違います。(インターネットで、アマチャヅルはアマチャの変種という間違いが散見されます)

さて、ユキノシタ科のアマチャの葉から、甘茶をつくります。アマチャの生の葉をかんでも甘くはありませんが、つみとった葉を湯で煮だすと、甘いしるがでます。これが甘茶です。つみとったアマチャを室内の床に広げて発酵させると、さらに甘味が強くなるそうです。

甘茶は、旧暦4月8日のお釈迦様の花祭り(灌仏会かんぶつえ)に用います。甘茶は、古くは苦い丸薬の表面に甘みをつけるために用いられてきました。

● 甘茶の甘味成分とは(甘味料ズルチン発がん性の誤解)


甘茶の甘味成分は、フィロズルチン。フィロズルチンは、砂糖(ショ糖)の数百倍〜1000倍の甘味成分です。甘茶から作られたズルチンは戦時中、砂糖が不足したことによって、砂糖の代用品となったことがあります。

ズルチンの中で粗悪な品質のものは、中毒者や死者を出しました。そのためズルチンは、身体に悪いもの、発がん物質などと記憶している方もいます。ズルチンによる中毒事件は、不純物の多い粗悪な品質の、いわば闇のズルチンによるものでした。

現在、フィロズルチンやアマチャ末は、甘味や矯味(味をととのえる)用として、OTC薬(一般用医薬品、市販薬)にも使われています。

● アジサイの食中毒について


ちょっと話がそれますが、アジサイの葉や花は、料理の飾り用に流通しています。『見て楽しむものです、食べられません』と書いてあったりします。

記憶に新しいのは2008年、飲食店で料理の飾り用のアジサイの葉を食べた人(1グループ8名)が、会食後30分後から嘔吐、下痢、めまいを起こした事件です。

厚生労働省は、アジサイの葉に含まれた毒物(青酸配糖体)が原因という発表を行いましたが、その後人間に影響を与えるほどの有害物質は含まれていなかったことがわかり、その発表を撤回しました。結局、アジサイの葉を調べても嘔吐、下痢、めまいの原因は明らかになりませんでした。

このことから推測ですが、岐阜県でふるまわれた甘茶(アジサイの仲間アマチャが原料)自体の微量成分に、園児が反応した可能性も捨てきれません。

私自身は、漢方・生薬や、こういった自然な飲食物が大好きですが、子供はわずかな成分に反応しやすいものです。特に小さな子供の口に入るものには、十分注意してかかりたいと思いました。

以下、毎日新聞2009年4月17日付からの引用です。
引用ココカラ
「岐阜県は16日、同県岐南町の2カ所の保育所の園児が花祭りで甘茶を飲み、うち28人が嘔吐(おうと)症状を訴えたと発表した。いずれも軽症で、全員快方に向かっているという。岐阜保健所は何らかの異物が混入した可能性もあるとみて調べている。

 県生活衛生課によると、岐南町立中保育教育園と同町立北保育教育園が同日、町内の寺院で花祭りを合同で開催。午前10時半ごろ、3〜5歳の園児計119人が甘茶を飲み、30分〜1時間後に28人が嘔吐した。甘茶は、ボランティアの地元住民が市販の茶葉を煮出して作り、7.5リットルのステンレス容器2本と2リットルのペットボトル3本で持ち込んだという」
引用ココマデ
| ● 個人的に気になるニュース(薬以外の話) | 10:00 | comments(0) | - |
Comments
Your Comment